調剤薬局1、アインファーマシーズの薬剤師募集は?

調剤薬局1、アインファーマシーズの薬剤師募集は?応募前の注意点や知っておきたいことのまとめ

アインファーマシーズ本社

 

調剤薬局1、アインファーマシーズの薬剤師募集は?応募前の注意点や知っておきたいことをまとめました。

 

調剤薬局業界第1位のアインファーマシーズは、北海道〜九州まで621店舗を有する全国チェーンです。株式会社セブン&アイ・ホールディングスと資本・業務提携し、調剤以外の事業も展開しています。

 

アイングループは調剤事業を中心とするファーマシ―事業、物販事業、リテール事業その他事業で構成しています。最近では、ヘルス&ビューティー事業にも積極的です。業界最大手の売上高を支えるのが、旺盛な新規出店とM&Aで、グループ会社の業務集中とスケールメリットによって収益力を高めています。過去五年間、増収増益を維持しており、経常利益率、純利益率ともに大幅に向上しているのが特徴です。

 

売上高は2,348億43百万円、従業員数は8,555人でうち薬剤師は3,899人でした(2016年4月期)。

 

2016年4月末期で調剤薬局が881店舗あり、ドラッグストア52店舗を持っています。調剤薬局としては、アイン薬局・今川薬局・リジョイス薬局・あさひ調剤薬局・にいがた調剤薬局・サンウッド薬局、ドラッグストアとしては、アインズ・アインズ&トルペ・トルペ・ナイスドラッグなどがグループです。

 

アインファーマシーズは優れた教育・資格取得の支援で有名です。3年間は新人として位置付けられ、入社直後には、社会人研修、OJ丁研修、二次研修が、入社三年目になると、新人研修のインストラクター研修、さらに二年目のフォローアップ研修があります。入社5年以上の社員を対象とする海外研修制度もあります。

 

さらに研修認定薬剤師、実務実習指導薬剤師、外来がん認定薬剤師、緩和薬物療法認定薬剤師などの研修・勉強会も開いています。

 

また調剤過誤防止システム、薬剤師の資質向上のための教育システム、患者に対するホスピタリティの三点を重視している事も特徴です。

 

高齢化社会、地域医療の推進で全国の70%以上の店舗が在宅医療を実施しています。設備も無菌調剤室を配備しており、24時間開局店舗や外国人に対する医療サポートを実施するなど積極的に新しい分野にチャレンジしている企業と言えるでしょう。

 

転職をするなら、アイングループのメディウェルが運営する薬剤師転職ドットコムが有利かも知れません。

 

>>薬剤師転職最強サイト比較ゼミ

 

(調剤薬局1、アインファーマシーズの薬剤師募集は?応募前の注意点や知っておきたいことのまとめ)